LTTC 第二外国語能力試験(基礎級)

「第二外國語能力試験(基礎級)」(Second Foreign Language Proficiency Test-Basic, 略稱SFLPT-Basic)は、教育部の第二外國語の學習・教育を促進する政策に基づき、財団法人語言訓練測験中心により、國內の日、仏、獨、スペイン語學習者の能力を測定し、認定するため研究開発された第二外國語入門レベル試験です。本試験は2011年5月から実施しています。

SFLPT-Basicは、教育部により公佈された課程要綱及びヨーロッパ言語共通參照枠組み(CEFR)を參考に、言語能力參照レベルA1-A2に相當するレベルを測定の範囲としています。

毎年定期的に1~2回の実施となっておりますが、そのほか団體申し込みに応じても隨時実施しております。A1とA2レベル合格者には認定書が発行されます。試験結果は、自己の學習成果や、大學推薦入學試験並び単位履修免除などの判定參考として使うことができます。

SFLPT-Basicの各試験科目の得點範囲は0-40點で、3科目総合得點は120點となり、A1-A2ともに合格基準が設けられています。各レベルの能力記述及び認定基準點は下記の通りです。

レベル 能力記述 認定基準點
A2 日常生活で直接自分につながりのある語句や表現(個人情報、家族情報、周囲の環境、自分の経験、買い物、仕事など)を理解し、用いることができる。熟知している日々繰り返し行なうような事項について、簡単な用語で表現できる。 総合得點が96點以上
A1 日常生活でよく使われる簡単でごく基本的な語彙や表現(個人的情報、どこに住んでいるか、誰と知り合いか、持ち物など)は理解し、用いることができる。 各試験科目の基準點が13點で、総合得點が60點以上

SFLPT-Basicの3科目筆記試験は、すべて三択問題で、トータル試験時間は約60分です。

試験科目 項目 問題數 時間
聴解 I. 応答 10 約20分
II. 會話 10
III. 短文 10
語彙と用法 I. 単文穴埋め 30 20分
II. 文章穴埋め 10
読解 読解 20 20分